Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【現代社会】労働について

 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

                ~労働基準法 第32条第2項~

 

  今回は労働について自分の思ったことを語ろうと思います。ただ「労働時間が長すぎる、法改正しろ」などといった感じで法律にいちゃもんをつける記事ではありません。

 意義

 「何のために働くのか?」

 「生きるため」とか「どうしても欲しい物品の購入のため」などありますが、ふと疑問に思った人は沢山いると思います。

 自分は

 「生きるために必要最低限度のお金を稼ぐため」

 だと思っています。

 必要最低限度はどのくらい?

 これはまあ人によりますが、例えば自宅から会社に通っている人であれば、アパート暮らしの人に比べた場合、家賃を払う必要がありません。親が既に他界していて残った住宅ローンを払うというのなら別です。

 また勤務地に徒歩や自転車で通える距離であれば車の購入費、車検料、維持費(ガソリンなど)も必要なかったりします。まあ車でどこかドライブに行くのが趣味という人は別ですが。

 それ以外だと…例えば一日一本ビールを飲んでいないとやってられないとか、たばこを一日一箱は吸う、流行の服を何着も買う、といった人だと必要最低限度額はどんどん上がっていきます。

 自分の手取りとしては大体月に13~14万円といった感じですが自宅通いですし、運転免許証はありますがペーパードライバーなので車は持っていません。たばこや酒については「なぜお金を払ってまで自分の体を悪くする人がいるのだろうか?」という疑問があったりします(もちろん自分はたばこや酒は買いません)。収入は少ないですが支出は食費、書籍購入費、生命保険料、奨学金の返済料といった感じで合わせると大体5~6万円ほどです。生命保険料と奨学金の返済については口座から自動的に引き落としになるので財布の中は給料日に2万5000円(年齢*1000円)入れた状態からスタートしていますが大体5000円~1万円ほど残ります。収入に関しては若干の不満があるものの、不幸と感じることはなかったりします。

 ただ、今の仕事に対して抱えているストレスが半端じゃないので辞めて新しい仕事を探す予定です(辞める理由はその仕事を辞めた後に書こうと思います)。

 疑問

 ふと思ったのが

 「『一日8時間労働で週5日』は自分にとって本当に良いことなのか」

 についてです。

 自分にとっては労働時間の長さよりも労働日数の多さに不満が出ます。

 「週1日だけど10時間労働」

 「週5日だけど2時間労働」

 上の条件で「仕事内容が同じ」という仮定であれば自分は前者を選びます。理由としては

 「6日間自由な時間が与えられているから」

 です。例えば釣りに行ってもいいし、図書館に行って本を読んでもいいし、家で好きなだけ寝るとかゲームするとか、好きな人と旅行に行ってしっぽり…とか、まあ色々できるわけです。

 実際下の条件だと、仕事が終わっても「明日は休みだけど明後日からまた仕事かあ」といったことを思うわけです。

 反対に上の条件だと「仕事終わったらまた6日間休みだし新作のゲームでも買って遊ぶか!」という感じになり、モチベーションが上がった状態で仕事に臨めるわけです。

 最後に

 いままで幾つかの仕事を経験してきましたが「週5日勤務」は自分にとって息苦しい感じがします。「週5日勤務がきつい?甘えるな」という人もいるかもしれませんが…。

 なんというか「週に5日、決まった場所に行ってマニュアル通りの仕事をして時間になったら帰る」ということに退屈というか、刺激を感じないなあ、と。

 もしかしたらそれは「新しいことを始めたい」という心のメッセージなのかもしれませんね。