Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【現代社会】サービス業について

 

 今回はサービス業について自分の思ったことを書こうと思います。

サービス業のいいところ

 特にこれといった利点が見当たりません。や、本当に。利点に気づいてないだけなのかもしれませんが。むしろ悪いところのほうがかなりあったりします。しいて言うなら…お客さんに感謝されることだと思います。自分は感謝されても特に嬉しいとは感じないですが。

サービス業の悪いところ

 いくつか挙げます。

①休みが不規則

②お盆・年末年始の行事の際は休めない

③クレームをつける客なども当然いる

④人によってはストレスが溜まりやすい

 このあたりかな。順番に説明します。

 まず①と②について。業種によっては日曜日、祝祭日、お盆や年末年始は休みといったことがありますが、サービス業はそういった時期を「稼ぎ時」という資本者にとってはさぞ嬉しい事でも、労働者にとっては全く嬉しくない都合で働かされることになります。

 まあ仮に「サービス業も年末年始は休む」となったら各種交通機関が軒並みストップ(高速道路を管理する会社も休むことになるため、車で旅行する場合は一般道を使うしかない)されることに加え、コンビニやディスカウントストアなども開いていないので食料なども買えない、ということになるのは明白ですが。

 ③については自分は運よくクレーマーに当たったことはないですが昨今はタチの悪い客が多かったりします(少し前のニュースで客が店員に土下座を強要とか)。

 まあその一方で店員側も質が悪かったりします(バックレたりとか。後は俗にいう「バカッター」というやつ。知りたい人は『バイト バカッター』で検索)。

 ④については、自分はお客さんの数が多いとストレスが溜まるというか、げんなりします。人によっては職場内の環境(派閥というくだらないもの)によってストレスを溜める人もいると思います。

最後に

 お盆や年末年始などは絶対休みたい、という場合サービス業を選ぶのは辞めておいたほうがいいです。また給料も安いので給与面を重視する場合もサービス業は選択肢に入らないと思います。逆に給料が高そうな仕事だとノルマとかが課せられそうなイメージがあるので、サービス業よりもストレスが溜まりそうな気はしますが。