Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【哲学もどき】仕事という名の滑車

 仕事をやっているときに、「この仕事辞めたら次の仕事どうしようか」と考えていました。ただ、実際自分が次の仕事をする際に求める条件としては

 ①忙しくなくて

 ②極力人と関わらない仕事で(できたら無いほうがいい)

 ③一人でのびのびとやれて

 ④空調が効いてて

 ⑤拘束時間が短くて(極端な話無いほうがいい)

 ⑥明らかなミス以外を指摘されることがなくて

 ⑦休日も沢山取れる(お盆や年末年始は休みたい)

 だったりします。多分書こうと思えばもっと書けると思いますが、なんというか…我が儘ですね。どれか一つだけ、あるいは二つだけなら満たせそうな仕事はあると思いますが、全部となるとよほど自分にスキルがない限りは無理だと思っています。

 多分これを全部満たすものとなると、自営業を始めるか、起業するか、在宅の仕事をするか、だけだと思います。

 ただ、求める条件として給料は入っていません。高校生くらいまでは「年収一千万」というものに多少憧れはありましたが、今はお金を稼ぐことが、果たして自分にとって幸せなことなのか、ということを考えると…仮に年収一千万稼ぐ自分がいたとしても、高級車を買ったりはしないと思います。ペーパードライバーということもありますが。

 「仕事を辞めて休んだ後、どうしようか?」

 別の仕事を探す、という手もあります。でも、それはハムスターに例えると

 「滑車を回して、休んで、別の滑車を回す」

 という感じ。業務は全く違っても仕事というカテゴリで見れば同じです。で、そこでまた滑車を回す…不満があったら辞めて別の滑車を回す。なんというかこんな感じだと、延々と仕事に振り回されて、あっという間に人生が終わるんじゃないか、と。

 疲れているのか、ストレスが溜まっているのか、どちらにせよよろしくない状態だと思うのでこのあたりにしておきます。