Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【ゲーム】ちょっと変わったゲーム

 最近自分は2つのゲームをやっています。といってもここでいうゲームはパソコンや家庭用ゲーム機、スマホなどを使ったゲームではありません。また、多少変わっています(人によっては「こいつの頭は大丈夫か?」となることもあるかも)。

 体重増減ゲーム

 一つ目は体重増減ゲームです。このゲームの一番面白い点は

 「慣れてくれば体重を自由自在にコントロールできる点」

 です。

 体重が落ちすぎたら増やす方向にシフトして、増えすぎたら今度は落とす方向にシフトする。どういった行動をとれば体重を増やしたり落としたりできるのか、また、その行動をとったときに増える体重の量、落ちる体重の量をあらかじめ頭に叩き込む必要があります。

 ただ、慣れてくれば「ちょっと落としすぎたから増やそう」とか「増えすぎな気がするから落とそう」と思えるようになり、最近は楽しいと思えるようになりました。

 NPCゲーム

 二つ目はNPCゲームです。何のことやらと思いますが、

 「行きかう人や車などをNPCに見立ててしまうゲーム」

 です。

 NPCに見立ててしまう方法は割と簡単です。ようは人の顔を見ないことです。

 これは人間の視覚を利用します。例えば自分の前に握りこぶしを作ります。それを目でとらえた時、脳では「これは(自分の)握りこぶしだ」という風に反応します。

 では同じように握りこぶしをしたとき、上下左右、どこでも構いませんが視点を握りこぶしから外すとどうなるか。握りこぶしがあるのは分かりますがぼやけて見えるはずです。

 NPCに見立てる、というのはこういった感じです。顔を見ずに、人や車をぼんやりと捉えるだけで「はっきりしないけど何かがいる」という風に脳が勝手に反応します。自分みたいに対人関係が苦手な人(人の顔を見て話さないとか)にはうってつけのゲームかもしれません。

 最後に

 どちらも変わってるゲームだと思います。特に二つ目は人によっては気持ち悪いゲームに見えるかもしれません。ただ、上には上があるという言葉もありますから、これよりもぞっとするゲームを思いついた人もいるんじゃないかなと思います。