Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【書評】となりの億万長者

 サブタイトルは「成功を生む7つの法則」です。また、この本はお金を稼ぐとか儲ける方法を記述した本ではありません(個人的にお金儲けの本はあんまり興味がない)。億万長者と呼ばれる人はいかなる方法で財産を築いていったのか、ということに迫る本です。今回はこの中の一部分だけを紹介します。

 倹約

 一般的に億万長者、というよりはお金持ちに対するイメージは

 「両手に指輪をいくつもはめていて、着ているもの、身に着けているものもブランド物の高級品、ウン億円の豪邸やクルーザーなどを所持している人」

 という印象を持つことが多いと思います(自分もそう思っていた)。もちろん彼らはそれらが買えるくらい稼いでいるのは確かでしょう。しかし同時に、稼いだ額と同じくらい使っているということになります。

 この本に載っている億万長者は正反対で、一言で言うなら「倹約」です。もっというなら「守り」に強い人が多いです。他人によく見せよう、見せびらかそうとして高級な服や車を買ったり、自分へのご褒美、という名目でお金をパーっと使ったり…「守り」が弱いとお金を使いすぎて気が付いたら借金まみれになっていた、という悲惨なことになりかねません。

 ただ、彼らはすべての物事についてお金を全く使わないというわけではなく、子供の教育費や資産運用にはお金と時間をかけているようです。投資について自分は「敗者のノート」を買ってちょっとだけ読んだんですが、「自分は投資をやってもおそらく損をする側の人間だ」と思いそれ以降本棚にしまっています。

 最後に

 書評とはいいがたい記事になりましたが、倹約については自分もできることだと思うので実践していこうと思います。