Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【雑談】興味の変遷

 この頃、自分が興味を持つ範囲が狭まってきたなあと思います。十数年前にはまっていたものが今は特に…という感じで、年を経ることでなんというか元気がなくなってきた感じがします。今回はこの変遷について語ろうと思います。

 昔々あるところ

 個人的に一番生き生きしていたのはいつくらいか、と考えると中学2年生あたりになります。このころから所謂「萌え」系のアニメを見るようになり、大学生くらいまでは見ていましたが今は見ることがほとんどありません。もし、今自分が中学生だとしたら「君の名は。」も見に行ってたと思います(「君の名は。」が萌え系アニメ化はともかく)。

 そういえば「君の名は。」というタイトル名は知っていても実際見に行ったことはありません。見に行きたいという欲求も湧かなかったので。新海誠さんの作品だと大学生の時に「秒速5センチメートル」をレンタルdvd屋で借りて見たくらいです。

 また、ゲームに関しても色々やったり課金もかなりしました。当時は「強くなるために課金する」ということに囚われていましたが、今は「ゲームで強くなってもリアルに何の意味ももたらさない」ということが念頭にあるので課金は殆どしていません。

 振り返り

 振り返ってみると十代の頃は、アニメのグッズやライトノベルの購入費、ゲームの課金etc…といった感じで自分の欲求を満たすためにお金を使うことが多かった気がします。自慰行為と何ら変わりません。まあ何にも考えずお金を使っていたので、相手からすれば「カモ」よく言えば「お得意様」だったんだと思います。

 今はどうか

 じゃあ今は自分の欲求を満たすための消費をしていないかというとーここでいう自分の欲求は3大欲求を除くがー、まあしていると思います。前の記事でも書いたように「読んでない本がなくなったから新しい本を読む」というのがこれにあたります。

 ただ、昔に比べてこの自己欲求を満たす(という名の浪費)こともなくなってきました。自分で働いてお金を稼ぐようになってから、お金の重みを理解できたからかもしれません。今まで自分がやっていたことがいかに無駄な浪費だったかを知ることもできましたし。

 昔はどうだったか知りませんが、流行を追いかけることもなくなりました。大抵の流行はいずれ廃れるのが決まっているので。「ガングロ(あるいはヤマンバ)で金髪でルーズソックスとか厚底はいてる女子高生」なんてもう見ないでしょ。そういうことです。

 自分の世代で流行したことがあってかつ現在も知名度のあるものだと「ポケモン」くらいだと思います。「デジモン」とか「たまごっち」も当時はあったと思いますが、「ポケモン」ほど知名度は高くなかったと思います。というかおそらく今の10歳未満~10代は「ポケモン」を知ってても「デジモン」や「たまごっち」は知らないと思いますし。

 最後に

 興味に対して広く浅くと狭く深くのどっちがいいかといわれると何とも言えないです。ただ20歳になるまでは広く浅くで、20歳を超えてからは狭く深くのほうがいいのかなと思います。