Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【雑談】マキシマリズムとミニマリズム ②

 前回はマキシマリズムについて書きましたが、今回はミニマリズムについて書こうと思います。

 ミニマリズムの喜び

 ミニマリズムがどんなことに対して喜びや安心を見出すかというと

 「ものを減らすこと」

 です。前の記事ではマキシマリズム=コレクターと書きましたが、マキシマリズムは結果が出せれば過程を気にすることがありません。

 しかしミニマリズムの場合は結果を出す出さないではなく、過程に比重を置きます。結果がどうあれ、その結果に対しては喜びを見出しません。むしろ策を講じて少しずつ減らしていく、というところに喜びや充足感を得ることができる人たちだと思います。

 彼らもどうしても欲しいものがあれば犠牲を払ってでも手に入れます。しかし、手に入れたからと言って喜ぶわけでも、人に自慢するわけでもなく、また手に入れることができなかったからと言って不満を漏らすのでもなく、人に当たったりすることもありません。繰り返しになりますが、彼らにとって手に入れた・入れられなかったという結果は重要なファクターではないのです。

 ミニマリズムが好んでそうなゲーム

 ミニマリズムの好きそうなゲームとしてはテトリスとか、ブロック崩しゲームだと思います。彼らにとっては「いかに少なく、いかに効率よく、いかに無駄なく」が信条なのでこれらのゲームはうってつけだと思います。

 ファイアーエムブレムをはじめとする戦略系ゲームであれば「兵を進める際にどの地点にどれだけの兵力を割くか」というのを考えることもミニマリズムにとっては魅力的に見えるでしょう。

 ミニマリズムが弱い言葉

 「効率」に関係する言葉が弱いと思います。例えば書籍なら「仕事の効率を上げる○○の法則」とか「コスパ重視で生きよう」みたいなネーミングの本がミニマリズムにとっては魅力的に見えると思います。あとは「断捨離」とか。

 で、こういった弱い言葉に絡んでくるのが詐欺だったりします。「少ない資金で多額の利益を出せますよ」とか「他社より格安料金でリフォームできますよ」とか。そんな見え見えの詐欺に引っかかる人はいないでしょ、といいつつも引っかかってる人は現にいるわけです。

 ミニマリズムが行き過ぎるとどうなるか

 ものを減らすという過程に喜びを見出すわけです。例えばダイエットしている人であれば体重がどんどん減っていくことは嬉しいことだと思います。しかしそれが行き過ぎると拒食症になったりします。拒食症について調べましたが最悪の場合死に至ることもあるということで…。

 また、コスパ重視、という人もいますが重視しすぎると「あれもコスパが悪い」「これもコスパが悪い」となり、酷い場合すべての物事に対して「コスパコスパコスパ…」と持ち出すようになり、その結果人との付き合いが悪くなったり、嫌われたり(あるいは変人扱いされたり)、様々なこと興味が持てなくなると思います。例えば交際している一組のカップルがこんなことを話していたとしましょう。

 女性「ねえ、今度の週末ディズニーランドに行こうよ」

 男性「やだ」

 女性「なんで?仕事?別の用事があるとか?」

 男性「いや、ディズニーランドって時間待ちとかあるでしょ。この暑い時期に並びたくないし…正直コスパ悪くね?」

 女性「」

 

 まあ極端すぎますが、他人との会話でコスパという言葉を持ち出すと大抵は嫌な顔をされるので、どうしても行きたくない場合は何か理由をつけて断るのが一番です。

 コスパ云々について考えるのは悪くないと思いますが、あくまで自分のうちにとどめておくのが良いでしょう。

 また、ものを減らす過程に喜びを見出すからと言っていらないものを買って捨てて、買って捨てて…となることがないよう注意しましょう。