Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【自己啓発】物事を「好き」のレベルまでもっていくには

 8月31日付で仕事を辞めました。仕事の記事についてはそのうち書くことにします。では本題に入ります。

 「好き」という状態の定義

 「好き」という状態は、自分から進んで「○○したい!」と思えるようになる状態のことです。

 「好き」になるまでにかかる時間

 科学的な根拠があるわけではなく、あくまで自分の例ですが、3年はかかります。

 自分は最近になって筋トレやウォーキングを自分から「これ以上無理と思うくらいまでやりたい!」と思えるようになりました。3年前は筋トレをやることはあってもワクワクしながらやることはなく、黙々とやってました。

 3年というとよく「石の上にも三年」という言葉がありますが、調べてみると、まあ我慢強くとか辛抱とかいう言葉が出てきます。

 ただ、筋トレやウォーキングを「好き」のレベルまでもっていくのに我慢とか辛抱をしたという感じは全くありません。むしろそういう感じがあればとっくの昔にやめていたと思います。

 やりたい気持ちはあるけど何をやればいいかわからないとき

 「ジャッカルの超人的な趣味」で検索してみましょう。きっとその中に「これ面白そうだな。やってみようかな」というのがあるはずです。

 やってみたいことが決まったら、とにかくやりましょう。例えばダーツをやってみたいのなら、ダーツブースのあるネカフェにいってハウスダーツを借りて投げてみましょう。そして楽しいと思ったらネットでダーツの投げ方などを検索するなり、本を買うなり、通販サイトでマイダーツを買ってみたりしてダーツにとことんハマりましょう。没頭しましょう

 いうまでもないことですが、「やりたいことだから」といってそれが犯罪につながることはやめましょう。

 

 中弛みをどうするか?

 物事を続けていくと大体1年半~2年半の間に必ずこの状態に入ります。筋トレだといつもやっているプログラムを消化して終わり、ウォーキングだといつものコースを歩いて終わり、とか。中弛みの間は「ただひたすら消化する、マンネリを感じる」という気分になりやすいです。

 これに関しての対処法は、

 愚直に続けること

これだけです。ただマンネリを感じる場合、筋トレだとプログラムを見直してみるとか、ウォーキングだといつもとは違うコースを歩いてみる、といった感じでマンネリを打破しましょう。

 この期間で一番避けたいのは完全にやめてしまうことです。ただ、つらいとか苦しいなどと感じているのであれば、きちんと休養を取ってから再び始めましょう。

 最後に

 ここに書かれたことは多分ほかのブログとか、自己啓発本とかにも書かれているのかもしれません(書いている間検索していないのでわからない)。

 ただ、やってみたいと思ったらリスクなどは考えずにやりましょう。とにかく行動に移しましょう

 また、物事によってはすぐに成果に現れないことも多々あります(例えばブログを始めたがアクセス数が伸びないとか)。心を乱されることもあるでしょう。ですがそういった物事ほど後に飛躍する可能性を秘めていることもあります。腰を据えて取り組むことが重要です。