Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【雑談】敏感になる感覚

 ここ1年くらいで色々なものにデリケートになって来た気がします。早速本題に入ります。

 不快

 自分の中で敏感に感じるようになったのは-ここでいう敏感は「快」の感情ではなく、「不快」の感情ですがー光と音についてです。

 自分は大学生活及び無職の時期の時に昼夜逆転生活を送ることが多かったです。といっても最初から昼夜逆転だったかというとそうではなく、夜に寝て朝起きる生活から少しずつ時間がずれていき朝に寝て夕方に起きる生活を暫くした後、またすこしずつ時間がずれて夜に寝て朝起きて…というサイクルの生活を送っていました。このサイクルに入ると当然ながら授業に出ることもできず、ただ自堕落な生活を送っていました。最近午前6時くらいに寝ることがあったんですが、電気を消してもカーテン越しに光が入ってくるので、気が昂って眠れない、疲れが取れた気がしないということに悩まされています。

 まあこれに関しては暗いうちに寝ろ、で済む話だったりします。

 一方、音については「うるさいなあ」と感じることが増えてきました。2週間前くらいにベイビーハラスメントがどうとか書いていたブログがあって自分も読みましたが、あれに関する評価は置いておくとします。

 小学生や中学生の頃はゲーセンに行ったことが何度かありますが、とくにこれといって五月蠅いと思ったことはありませんでした。むしろ沢山の人でいっぱいだったので楽しんでいた記憶があります。

 今となってはアミューズメントスポットには立ち寄ることはなくなりました。友人とあまり連絡を取らなくなり、一緒に遊びに行かなくなったのもありますが、そういったところに行って遊ぶのは金の無駄だと思ったのと大音量に耐えることができなくなったからです。

 なので自然と静かな場所(もしくは人がいない場所)に赴くことが増えました。ただ、最近はそういった場所でもうるさいなあと感じることが増えました。

 例えば図書館に来て泣き喚く子供の声。うるさいなあと心の中では思ってますが口には出しません。というのも図書館には児童書のコーナーがあり、子供連れでも構いません、という図書館側からのメッセージがあるからです。ただ、どうしても耐えられない場合はすぐに出るか、読みかけの本を借りて出るようにしています。回避可能な不満だからこそできることではありますが…。

 まあなんというか、昔は不快に思わなかったものが今になって不快に感じるのは何故なんでしょうかね。