Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【雑談】長時間労働をやめることについて

 TED Talksのほうで小室淑恵さんという方がlife balanceというタイトルで演説をしてたので見てみました。これについて自分の思ったことを書こうと思います。

 長時間労働について

 長時間労働をやめるというよりは、実際見ていくと残業をやめることでより良い方向に進む、というのがこの人の主張だったりします。残業をやめるという部分については賛成です。残業をしないと立ち行かなくなるという状態は絶対におかしいと思っているので。

 ただ、長時間労働の長時間ってどれくらいの時間を指すのだろう?と考えていました。

 例えば「週5日、1日8時間労働」はどうか?残業がない、休日出勤がないとしても自分は長いと考えています。

 というのも一週間で見れば168時間中40時間が労働時間になります。ここに出勤のための時間を1h×週5 = 5hを加算すると45時間になります。これを168で割ると大体26%、実に4分の1を労働に費やすということになります。4分の1しか費やさないのではなく、4分の1も費やすんです。

 ずいぶん前の記事に書きましたが、自分は労働時間よりも労働日数を少なくしたほうがいいと思っています。1日8時間労働は受け入れるとしても週5は多い、と。

 会社に勤務する形であれば週2とか週3でいいと思っています。勤務日数を少なくする分給与は減りますが、そこは仕方がないと思っています。

 仕事について

 

 上の考えに至るのは、自分が仕事に対して「時間と引き換えにお金を手にする」手段だと考えているからだと思います。もっというなら「我慢」でしょうか。なので今まで仕事を転々としてきましたが、いずれもマニュアル通りに動いて既定の時間働いたら終わり、というスタイルをとっていました。文字通り「こき使われる」というやつです。

 コンビニで働き始めた時は仕事を覚えることで精一杯だったので特に考えていませんでしたが、慣れてくると仕事中に

 「働き始めた頃は1年間頑張ろうと決めたけど、このままこき使われる人生を送りたいのか?」

 などと考えたり、また、この頃から少しずつ人に指示を受けること・命令されることに抵抗を感じてくるようになりました。なんというか、自分自身がロボットになっていく感覚がして嫌だったんです。ストレスが溜まっていたのもありますが

 「このままここで働いていたら、体のいいロボットでいいようにこき使われて終わる」

 と感じて辞めました。

 最後に

 求人票を見たりしていますが、どの求人もあまり魅力的に見えません。給与が安いからとか自分がやりたい仕事ではないからという理由ではなく、そこで勤務する以上「自分は命令を受ける人間、こき使われる人間」という感覚から逃れることは絶対にできないと思うからです。

 これを打破できる仕事となると…やっぱり在宅の仕事しかないのかなあと思っています。