Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【雑談】どっちだろうか

 どうも。

 外出の際に考えていた2つのうちのもう一方のほうを書こうかと思います。というよりこっちが本題だったりしますが。

 最近はてな界隈、というよりはTwitterですか。某ブロガー兼作家さんが炎上云々みたいなことが起きておりますが、まあこれについてはすでに他の人が取り上げてますし、自分は…強いて言うとしたら「ほとぼりが冷めるまでブログやTwitterなどの情報発信ツールを使うのをやめておいたほうがいいのではないか?」というくらいなのかな、と。

 で、この人自身が新しい本を出しましたということをTwitterで呟いてたので書店へ行き、読んでみることに。

 …はじめにと目次を読んで「うーん…これは…」という気持ちになり、結局購入はしませんでした。

 理由

 購入しなかった理由としては、こういった自己啓発物の本を何冊か読んだせいもあるんですが、何というか、似通ったことばかりで真新しさが無いなあ、と思ったからです。こういった本は既に多くの方が「○○の法則」だったり「○○のこと」といったネーミングで書かれてたりするので…。

 あと思ったのは、この本は一人のブロガーとして書いたのか、それとも一人の作家として書いたのか、という点です。

 ブロガーとして書いたのであれば、「まあ生き方云々について書いたブロガーが他にもいるし、別にいいか」となるんですが、作家として書いたとしたら…開いた口が塞がらない、といえばいいでしょうか。

 個人的な作家さんの定義なんですが、小説とか絵本とか、あるいは芸術方面で活躍してる…要はその方面でのプロフェッショナルの方、という風に認識しています。そういった人たちの作品は、惹きつけられる魅力だったり、溢れんばかりの情熱だったり、言葉の一つ一つに感じられる知性だったり…それが小説だろうが絵本だろうが絵だろうが、それらが大なり小なり感じられるものだと思っています。

 ではこの方が、この定義、つまりプロフェッショナルの方と言えるのかといえば…No、ですかね。まあ「自称」ということなら…いやいや、「自称作家」だと益々胡散臭い感じがするんですが…。どうなんでしょうね。

f:id:istats:20171222201228p:plain