Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【将棋】間違い

 どうも(´・ω・`)

 今日は対局日だったので、いつも通り将棋を指した後、勝ち負けのプロセスを考えてました。といっても勝ち負けに拘った話ではありません。

 何をやっていけば勝ちに近づいて、逆に何をやってしまうと負けに近づくのか?

 頭の中で考えても思いつかなかったので、ノートとシャープペンシルを用いて一人ブレーンストーミングをしてたんですが、分かったのは「間違いをしたかどうか?」ということなのかなー、と。

 例えば…受けるべきところで受けずに攻めたものの、攻めが切れて、反撃を食らって負ける「判断間違い」。

 また、受けたものの、その受けの手自体を間違えた「受け間違い」。

 反対に攻めるところで相手の駒の効き(大抵は角(馬))を見落として駒(大抵は飛車(竜))をただで取られたり…。

 勝ちに近づく方法はわかりませんが、負けに近づく要因の一つとして間違いをしたかどうか、ということがあげられると思います。

 特に攻めよりも受けのほうが、間違えるとあっという間にやられてしまうことが多いですし、実際にそうなった経験がある人もいると思います。

 攻めよりも受けのほうが難しい、と言われているのはそういうことなんだろうな、と。

 じゃあその間違いを減らしていく方法はないかというと、やっぱり自分の過去の負けた棋譜を見ていくしかないと思います。攻めつぶされたのなら、ソフトで解析して的確な受けの手を見て、それを次に役立てていけばいいわけですし。

 …というのが、とりあえずの結論です。

 また何かわかったら書いていこうと思います。

 ではまた(´・ω・`)