Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【将棋】感覚

 どうも(´・ω・`)

 先ほどまで風呂に入ってて、将棋が弱い自分と強い人は何が違うんだろうなーということを考えてました。

 で、あってるのかどうかはわかりませんが、相手の悪手を的確に咎められることが強いってことじゃないのかな、と。

 つまり、上のレベルにいくには

 「相手の指した手が悪手かどうかを察知できること」と「それを的確に咎めること」

 この2つが必要になってくると思います。

 さて、そうなってくると悪手かどうかを見分ける方法ははたしてあるのか、といった疑問が湧いてきます。

 これについて過去の棋譜を将棋ソフトで解析しつつ、考えてみました。

 で、結論としては

 「その手が厳しいと感じるか否か

 これじゃないかなと。

 ただ、同じようでも厳しいものとそうじゃないものがあるので、それを理解しやすくするために例を挙げてみます。

f:id:istats:20180328010253p:plain

 王手飛車ですが、この手はかなり厳しいと感じると思います。角を合わせるくらいですが、飛車を取られて乱戦模様になりそうです。この手を悪手と感じることはまずないと思います。

f:id:istats:20180328010647p:plain

 では上の状況での王手飛車ならどうでしょうか?先ほどと比べてみれば怖くありません。玉をかわしておけばいいだけですから。

 つまり、厳しいなーと思う手は大抵の場合最善手に近くて、反対にそれほど厳しくないなーと思えるものは大抵の場合悪手(もしくは疑問手)と言えるのではないかと思います。

 …閃いたんですが、これを応用すると相手の指した手だけでなく、自分の指した手についても悪手かどうかをソフトでいちいち解析しなくてもわかってくるんじゃないかと思ったんですが、どうなんでしょうか(´・ω・`)

 その方法も考えてみたんですが、棋譜を反転して、つまり相手を手前側にした状態で指し手をそのまま進めてみるといいのかな、と。

 ソフトで棋譜解析してから反省会をする人もいると思いますが、その時前後関係なく自分を手前側にしてやってると思います。そこであえて反転させることによって、相手から見た自分の指し手は果たして厳しかったか否かを判別できるのではないかと思います。厳しいと思えたらok。そうじゃないと思えたら大抵疑問手か悪手かと。

 …これもあってるかどうかわかりませんが、試しにこの記事を書き終えたあとに何局か並べてみます(´・ω・`)

 ではまた(´・ω・`)