Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【将棋】教訓

 どうも(´・ω・`)

f:id:istats:20180328210740p:plain

 これは今日観戦していた時のものなんですが、前の記事で書いた「厳しいか否か」に照らし合わせてみると、結構厳しい手だと思います。

 この両取りに対して先手は8三飛成としましたが、飛車成よりも6七桂成のほうが断然厳しい。この場面での飛車成は悪手だと思います。

 数手前はどうだったかというと

f:id:istats:20180328211251p:plain

 8二歩の叩きに対して後手が4一飛車とかわした所です。ここで先手が7三金として次の8三飛成に期待したんでしょうが、8七歩と叩かれて同飛に7五桂打で技がかかりました。

 つまり、この局面先手が指した7三金は相手にとって厳しくない攻めだったといえます。悪手かどうかは知りませんが、緩手であることには間違いないと思います。

f:id:istats:20180328212046p:plain

 こういう時の7三金なら厳しいと思いますけど(´・ω・`)

 つまりこの局面、先手は7三金と指す余裕はないことが分かります。7五桂以外の攻め筋としては7七金のような露骨な手も見えます。

 この観戦から分かったことは、攻めの手を指す前に相手から厳しい攻め筋がないかどうかをチェックして、あったらその攻め筋を消す手を考える、ということでしょうか。

 もし厳しい攻めが避けられなかった場合でも、その被害を最小限に抑える手を考えることが簡単に負けないために必要なことの一つなのかもしれません(´・ω・`)

 ではまた(´・ω・`)