Today's Stats

色々考えたことを書いてます デレステは癒し。

【fez】自分と味方

 どうも(´・ω・`)

 2vs2以上の対人ゲームにおいて、鉄則だと思ってるのが1つあって、それは

 「自分が思った通りに味方が動いてくれると考えないこと」

 だと思う。

istats.hatenablog.com

 半年前に書いたことの繰り返しだけど、今でも時々チャットでそういったぼやきは見られる。「もっと前に出て」とか「クリ堀多いからナイト増やして」とか。発言したくなる気持ちはわかるけど、でもそれは「前に出て戦うのは当然」とか「クリ堀してる人はナイト出て当然」といった思考停止状態になってると思う。

 その発言自体は間違ってない。けど、「味方は思い通りに動かない」ってことは頭に入れる必要がある。

 極端な話fezは50vs50じゃなくて、自分&49人の味方CPUvs50人の敵CPUって考えたほうがいい。まあfezに限らず対人ゲームはその考えを持ってないとストレスが溜まる。

 その考えを持っておけば、攻撃を被されても救出されなくても「まあCPUだから仕方ないか」で済むし、味方がピンチにあっても「あいつはCPUだから」と割り切って何の躊躇いもなしに生き延びるためor敵に被害を与えるための餌として利用すればいい。

 ちょっと話はそれるけど、味方の攻撃に合わせるのが何故いいかというと、まずお互いに避けたいのは攻撃が被ること。だから自分かもう一人が合わせるように動く必要がある。で、自分が先に撃っても相手が合わせてくれるとは限らない。何故なら「味方は思い通りに動かない」から。むしろ先に撃つと被る可能性が高い。だから先に撃たせる。そこで逃げられたり、攻撃が当たる前に敵が死んだとしても被ることは避けられたからokって考えたらいい。お互いにお見合い、って場合もあるけどそれでも被るよりはマシ。

 「味方は思い通りに動かない」ってことを言いかえれば「自分だけは考え方次第でどうとでもなる」ってこと。考え方次第といっても得をするか損をしないかの2択で動いてるけど。

 で、誰しも得ができるならしたいけど、それができない場合は出来るだけ損をしないことを考える必要がある。

 例えばワンサイドゲームになってる時に、負けてる側がやっちゃいけないのが時間を引き延ばすこと。そういう場合は少しでも早く終わらせることを考えなきゃいけない。そうすることで勝ったほうは気分もいいしリングも美味い。負けたほうは怠い時間を短くできる。

 でも「味方は思い通りに動かない」から無駄に抵抗するって現状は今も変わらないし、今後も変わることはない。けれども「自分だけは考え方次第でどうとでもなる」から自分だけでも損をしないように、と考えて動くことはできる。そういう場合自分なら僻地クリでボーっと掘る。それが楽だし。

 ここまで書いたけど「味方は思い通りに動かない」ってことだけ解ってもらえたら十分です。それを前提としてどう動けば自分(と相手)が得できるか(要はwin-winの関係に持ち込むか)、あるいは損をしないかってのを考えてみてもいいかもしれません。